ブランド力

 

【東急ハンズ】が、リノベーションブランドを立ち上げました

ハンズリノベパレット

あの東急ハンズが手掛けるリノベーション

どんな風になるのかワクワクしちゃいます

 

他にも

【無印良品】は数年前から住宅販売をしています

『無印良品の家』

最近ではホテル業界にも参入してきましたね

『MUJI HOTEL』

どちらも無印良品の商品がインテリアとして合うような作り(コンセプト)になっています

 

ちょっと異質なのは、

雑誌の【Daytona】が独自の世界観を全面にだした建築ブランドを立ち上げました

DAYTONA HOUSE×LDK

所ジョージさんの事務所兼遊び場「世田谷ベース」の増築もこの

DAYTONAHOUSEで作りました

ガレージや車イジリや工作系が好きな人にはたまらないですね!

 

紹介した3つに共通しているのが、

それぞれの業界で名前が知られていて、【ブランド力】があります

 

ブランドとは・・・

知名度 → 信頼 → ブランド

の順番で作られます

 

知名度が信頼となり、

信頼がブランドとなる

 

だから売れる

 

同じ商品が、東急ハンズと無名のショップで同じ価格で売られていたら

間違いなく東急ハンズの商品が売れるはず

無印良品もDaytonaにしても同じことが言えます

 

信頼されないとブランドにはなれないから

 

また、紹介した3つともユーザーが

「欲しい!」

と思わせるような仕掛けをたくさん作っています

 

別に日本国民全員に「欲しい!」と思ってもらわなくていいんです

それぞれのブランドや世界観が好きな人だけが

「欲しい!」

と思ってくれればいい

 

それだけの知名度があるから

それだけの信頼があるから

それだけのブランド力があるから

 

住宅も

「安い」

「駅近」

「最新設備」

なんてものを売りにしたところで、どこも一緒

最終的には、どれだけ「欲しい!」と思わせるか?

「欲しい!」と思わせるだけの何かがあるか?

ということに尽きる

 

これから不動産業界も厳しくなることは必至

どれだけ「欲しい!」と思わせることができるか?

が生き残れるカギとなるはず

 

マイホームを購入したいと思っているあなた、

あなたが「欲しい!」とつい言ってしまいそうな家て

どんな家ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です